日文情书

01
  今、私の心には、心配の种を撒いた。君の笑颜は太阳だよ。もし、太阳がないなら、种は爱の花になれない。

  现在,你在我的心里已经洒下了思念的种子,你的笑脸像太阳一样灿烂,如果没有太阳的话,种子就无法开出爱情之花

  その种を守る同时に、君に会いたい!会った后、顽张る勇気は出られると思うよ。

  在守护这个种子的时候,真的非常想见见你,我想见到你以后就会拥有更加努力的勇气

  会ってくれないか?出合った木の下に、花を持っている女の子いるよ。

  能来见见我么?在树下,有个等着见你的拿着花的女子哦~

  来るまで、ずっと君を待ってるよ。

  在你来之前~我会一直等着你的~

日文版情书

02
  理解(りかい)されるということは 一種(いっしゅ)の贅沢(ぜいたく)である。

  被别人理解,是一种奢侈。

  本当のことはあなたにも言ったことがないの。不器用なあなたがわたしのために泣いたこと。それがお嫁さんになった理由。

  真相连对你也未曾提起过。笨手笨脚的你竟然为了我而哭泣。那就是我嫁给你的理由。

日语情书大全

03
  そばの小さな幸〔しあわ〕せを拾〔ひろ〕ってください。このような大きな幸せになりますよ。

  请拾起身边小小的幸福。那样才能变成大幸福。

  中傷(ちゅうしょう)や噂(うわさ)は真実(しんじつ)よりも速(はや)く伝(つた)わるが、真実ほど長(なが)く留(と)まらない。

  中伤和谣言比真相传播得要快,但是却不如真相一样让人铭记。


  数百年后の星空

  数百年后のとある夜。

  穏やかな老人と、纯朴そうな少年と少女が、

  テラスから美しい星空を见上げていた。

  老人の话は本题に入る。

  「あそこにあるのが、恋人座だ。

  爱し合うふたりが、ぴたりと寄り添い、

  强く手を握り合っている。

  今から数百年も昔、

  深く深く爱し合った恋人达がいた。

  そういう伝说の星座だよ」

  町の女性たちが取り沙汰すのは、

  その伝说の恋爱のときめきとせつなさ。

  少年と少女は、星空を见上げて目を辉かせる。

  数百年后のとある夜。

  穏やかな老人と、纯朴そうな少年と少女が、

  テラスから美しい星空を见上げていた。

  老人の话は続く。

  「でも、その恋人たちの恋爱がどうなったのか、

  実はだれも知らないんだよ。

  深く深く爱し合ったと伝えられているが、

  最后の部分だけが物语から抜け落ちているのだよ」

  学者たちが机の上で论じ合うのは、

  その伝说の恋爱の过程と结末。

  少年と少女は、星空を见上げて目を辉かせる。

  数百年后のとある夜。

  穏やかな老人と、纯朴そうな少年と少女が、

  テラスから美しい星空を见上げていた。

  老人の话は佳境を迎える。

  「信じ合いなさい。

  いたわり合いなさい。

  命をかけて、その爱を贯きなさい。

  さすれば、あの星座のふたりのように、

  君たちの爱も、永代に语り継がれるかもしれん」

  老人がひとり达観するのは、

  その伝说の恋爱の激しさと清らかさ。

  少年と少女は、星空を见上げて目を辉かせる。

日文三行情书

04
  僕はわざとひっかかるんだ

  我是故意中招的

  だって君の笑顔がみたいから

  因为想看见你的笑颜

  京都府 女性 25歳

  「がんばれ!」と背中を押したのも

  推我一把叫我“加油”的

  「がんばれなくてもいい」と抱きしめくれたのも

  抱着我让我“不用硬撑也可以”的

  あなだでした。

  都是你。

  熊本県 男性 21歳

  俺について来い

  跟着我

  いやか?

  不喜欢吗?

  いやなら俺がついていく。

  如果不喜欢那我就跟着你走

  東京都 男性 35歳

  もし天国で僕を見つけても

  如果你在天堂遇见我

  どうか知らんぶりでいて欲しい

  请装作不认识我的样子

  今度も僕からプロポーズしたいから

  因为下一次我也想由我向你求婚

  大阪府 女性 15歳

  試合前で緊張している私に

  对这考试前紧张的我

  「がんばって」とあなたが一言

  你说的那句“加油”

  別のドキドキが加わりました

  又让我心跳多出一分

  愛知県 男性 31歳

  携帯見れば今も残っても

  手机里依然留着

  「好きです」

  “喜欢你”

  たった一言の未送信メール

  那句未曾送出的信息

  東京都 女性 18歳

  電話でケンカした

  电话里吵了架

  それでも会いたい

  即使如此却还想见你

  それだから会いたい

  正因如此才想见你

  広島県 男性 37歳

  手のひらの短い生命線をじっと見て

  凝视掌心短短的生命线

  「運命って本当にあるのかな」と独り言

  自言自语是否真有命运

  妻は黙って油性ペンで手首まで生命線を伸ばしてくれた

  沉默的妻只是拿来笔将它延伸到手腕

  神奈川県 男性 79歳

  妻よ

  妻啊

  愛してるなんて言えないけど

  虽然开不了口说爱

  俺より先に死んでくれるな

  但不准比我先死

  奈良県 男性 18歳

  メールが来た。今何してるの?って

  短信来了。你问我在干什么

  ぼーっとしてるって返した

  “在发呆”我这样回到

  君のメール待ってたなんて送れへんよ

  “在等你的短信”这样的话发不出去啦

  北海道 男性 17歳

  父さんが作れるたった一つの料理

  爸爸做的唯一一道菜

  しょっぱい卵焼き

  咸鸡蛋饼

  どんな料理よりも優しい味

  比什么都好吃

  千葉県 女性 34歳

  本当の事はあなたにも言った事がないの

  真相连对你也未曾提起过

  不器用なあなたが私の為に泣いた事

  笨手笨脚的你竟然为了我而哭泣

  それがお嫁さんになった理由

  那就是我嫁给你的理由

  大阪府 男性 16歳

  君からメールが届いた

  收到你的消息。

  「元気?」って

  问我还好么...

  たった今、元気になった!

  就是此刻,我精神一振!

  埼玉県 男性 60歳

  ばあさんや、お誕生日おめでとう。

  奶奶啊,生日快乐。

  女性はろうそくの数ごとに

  女性的美是和蜡烛的根数成正比的

  美を重ねる、というのは本当だね

  这是真的

  大阪府 女性 30歳

  あなたの顔にそっくりな息子を

  想把和你长的很像的儿子

  性格もそっくりに育てたい

  培育出你一样的性格

  そしたら私みたいな幸せ者がもうひとり出来るかな

  这样又会多出一个人和我一样幸运

  兵庫県 女性 24歳

  「京都と神戸で遠距離恋愛なの」と私がぼやくと

  当我在抱怨“京都与神户的远距离恋爱”时

  「私なんて二十年も前から」とばあばが微笑んだ

  奶奶微笑着说“20年前我就开始远距离恋爱”

  天国のじいじ、聞こえましたか

  天国的爷爷,你听到了么。

您可能感兴趣的